歯周病のケアをしないインプラントセンターでインプラント治療をしない方が良いことが、科学的データから明らかに

歯周病のケアをしないインプラントセンターでインプラント治療をしない方が良いことが、科学的データから明らかに

Category : お知らせ
Update : 2021.12.29

科学的根拠は?

最新のデータから、インプラント治療をすでに行なった患者さんのうち、インプラント治療後の歯周病になってしまった患者さんは、インプラントを喪失したり、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病でインプラント喪失の原因)といった問題が起きやすかったことがわかりました。インプラント治療をすでに完了している方は、定期的に検査をおこなっていただき、これからインプラント治療を検討されている方は、インプラント治療の前だけでなく、インプラント治療後もしっかりと歯周病のケアを行なってもらえるクリニックでのインプラント治療をお勧めします。

インプラントセンター

クリニックの名前に、インプラントセンターとつけてはいけない、という厚生労働省の指導がすでに出ております。

https://www.mhlw.go.jp/content/000808457.pdf

全てではありませんが、世の中の多くのインプラントセンターとついているクリニックは、基本的に一般歯科です。本来のクリニック名は別にあり、インプラントだけでなく、全ての治療を行なわれておられます。(インプラントセンターは自称です、ルールはありません)インプラントに焦点を当てられているにも関わらず、全ての治療を行なっているということは、守備範囲が広く、他の治療はどのレベルでされているのかが、わかりにくいです。今回ご紹介した最新のデータからも、歯周炎の再発は、インプラントを長く使うためには、非常に大事なことです。クリニックによっては、治療をするだけして、その後のフォローが疎かになってしまっている可能性があるため、歯周病の治療をしっかり行なっているクリニックでのインプラント治療を強くお勧めします。

今回ご紹介した、論文は、こちら。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/clr.13712



関連記事

記事アーカイブ

ハッシュタグ




SHAREON

確かな技術で
その笑顔の輝きを
もっと。

日本初の欧米と同基準の
歯周病および
インプラントの
専門治療をお届けします

ご予約はこちら
ご来院前にご確認ください
we're SPIDO.
0